スポンサードリンク

2009年05月04日

子育てに対する助言

子育てと言うものはとかく不安が付きまといます。
それは当然のことです。

誰しも親になる可能性はあるものの、子供を持ってはじめて実感するからです。

全くまっさらな人生が、命が委ねられているのですから。

それを自分で考え、自分で決めねばなりません。
これは非常にストレスのかかる事態です。

そこで助言が欲しくなりますが、これはちょっと注意が要るのです。

例えば、自分の親に助言を得る場合です。
経験者の言葉は参考になることが多いものです。

ですが、それが当てにならない場合もある、ということなのです。
親世代は20年から30年前の常人間だ、ということです。

当時の常識が、今では非常識になってしまっていることもあるのです。

加えて「今の母親ときたら…」という否定的な言葉が付いてくることもあります。
下手をすれば助言を求めた事が、かえって不安を煽ったり、ストレスを感じてしまうことになってしまいます。

専門家に意見を求めることも必要でしょう。
殊に健康に関しては、お医者さんや、保育士さんに悩みや、子供の症状について意見を聞かねばならない時があります。

でも、彼らの意見は専門家の「立場」としてのものです。
これは頭においておくべきことです。
彼らはぶっちゃけ「放っとけば?」とは言えないのです。

それではすまないときは別にして、無難なことしか言いません。
軽い症状でもそれなりのことはいわねばならないのです。
育児書も同じようなものです。

子育てに正解はありえません。
親が違えば、子も違うのです。
助言を求めるのは、あくまで参考と言う心構えも必要です。
posted by 子育て at 17:18 | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/118613947

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。